D7000

「この先カーブ」

元祖 水玉模様。

苔。

桜。

来春に向けて充電中。

天候不順。

詰まり。

人面。

ノウゼンカズラ→夏の季語。

空蝉。

オタマジャクシがカエルになった。

ホームセンターでホテイアオイを一株買ってきた。 それにカエルが卵を産み付けていたらしく、メダカの泳いでいる水鉢がゴマ粒のようなオタマジャクシだらけになった。 そして今、続々とカエルになって旅立っている。 子供の頃、遊んだトノサマガエルはどこへ…

使い勝手良し。

気になるヒト。

窓の光。

暑い日。

悠久。

ステンドグラス その2。

国立科学博物館日本館

ステンドグラス。

国立科学博物館日本館。

不思議てんこ盛り。

国立科学博物館

地形図。

葉脈が尾根と谷に見えた。

軽トラ?

贅沢感。

桜を撮りに歩き回り、上々の天気だったので汗をかきました。 花いっぱいの桜の枝が作る日陰でほっと一息。 とても贅沢な日陰です。

一回食べた。

採るのは面白いけど、いざ食すとなると下処理が大変。 袴を取って、頭(胞子の部分)も取っちゃう。 調理して皿に盛り付けると、どうも頭がグロくて食欲が落ちちゃう。 だからいつも頭を取っちゃう。 だからたくさん採らないとボリュームに欠けちゃう。 だから…

散ってからのスポットライト。

満開一歩手前。

気に入ってくれるかなぁ。

床屋さんが店に飾りたいから菜の花の写真を、ということで何枚かプリントした。

人種の坩堝(るつぼ)

一人観梅

群れ。

好きな色。

略して好色

花火撮影、意外と楽かも。 カメラは三脚固定だし、始終椅子に座っていられるし。 夜風が心地よいし。